美味しい朝ごはんと水の関係

美味しい朝ごはんと水の関係

皆さんは「おいしい朝ごはん」と聞いたら、どのようなものをイメージしますか?日本人が思い浮かべやすいのは、やはり一汁三菜の心温まる和食ではないでしょうか。そんな和食の朝ごはんにとって、水は重要な役割を持っています。水にこだわると朝ごはんのクオリティが上がる!今回は朝食と水の関係のお話です。

朝食の定番メニューの材料は水

和食の朝ごはんの定番メニューといえば、ご飯、お味噌汁、焼き魚、納豆さまざまあります。ここで考えていただきたいのは、朝食メニューの定番であるご飯もお味噌汁も水を主な材料としている点です。

美味しい朝ごはんを作ろうと考えるのならこだわりの材料を使いましょう。カルキ臭のする水道水ではなく、こだわりの水を選ぶことで雑味のない美味しい朝ごはんとなります。

和食の朝ごはんの定番

<p>おいしい朝ごはんが1日のスタートだと心が満たされます。前日の夜から次の朝を迎えることが楽しみになりますね。朝ごはんにこだわることは日々を心穏やかに過ごす秘訣です。</p> <p>皆さんにとって和食の朝ごはんの定番は何でしょうか。ご飯、お味噌汁、焼き魚、納豆、豆腐。皆さんはどんな料理を挙げらましたか。</p> <p>改めて考えていただきたいのが、和食の料理は水と関わりが深いことです。ご飯、お味噌汁という朝食の重要な役割を持つメニューは、水を主材料にして作られるということはよく考えておきたいことです。</p>

お米の炊き方で美味しいご飯を!

美味しいご飯を炊くには、工程の一つ一つにもこだわることをお勧めします。「研ぐ、水に浸す、炊く、蒸らす、シャリ切り」おいしいご飯に炊き上げるために気をつけるポイントを解説します。

まず「研ぐ」ポイントは、付着した「ぬか」を十分に取り除けるよう、たっぷりの水で素早くすすいで、手のひらで押すようにして研いでください。

「水に浸す」工程。浸漬(しんせき)と呼ばれていますが、炊く前にお米を水に浸すことで、お米の芯まで水が浸透しふっくらとした炊き上がりになります。30分から1時間を目安に浸漬してみましょう。

そして忘れがちなのが「シャリ切り」です。炊き上がり、蒸らしたご飯をシャリ切りすることで、味が均一化して風味を保てるようになります。

超軟水の「薩摩の奇蹟」でもっと美味しく

日本のお米は水分をしっかりと含ませてふっくらと炊きます。まろやかな軟水を使ってお米を炊くと、お米本来の甘みがさらにひき立ち、ふっくらと美味しいご飯が楽しめます。

そして炊飯にお勧めなのが、「薩摩の奇蹟」です。鹿児島県市比野温泉郷の地下から湧き出た天然水で、生産工程で加熱処理を行っておらず自然な美味しさを保ち、硬度0.6mg/ℓという超軟水のまろやかな味わいが特徴です。

薩摩の奇蹟を材料に美味しいご飯を炊いて、元気が出る朝ごはんをお楽しみください。

ブログに戻る