選んで飲みたい温泉水

選んで飲みたい温泉水

温泉が好きな方も多いのではないでしょうか。日本人にとって疲れた身体を癒してくれる温泉はとても馴染みのあるものです。

温泉水の効果を得る方法には入浴だけでなく飲泉といった方法もあります。今回は飲む温泉水を試してみたいと考える方のために温泉水のポイントやおすすめの温泉水をご紹介します。

温泉の効能

皆さんは湯治について聞いたことはありますか?

湯治(とうじ)とは、温泉地に1週間から1ヶ月ほど滞在して病気を治したり、体調を整えたりすることです。日本では入浴が主な湯治ですが、ヨーロッパでは「飲泉療法」も有名で、温泉を使った治療を専門とする「温泉医」がいるほどです。

海外では治療として認められている温泉ですが、日本ではまだ発展途中です。日本で温泉医にあたるのが、日本温泉気候物理医学会が認めている「温泉療法医」です。学会の定める研修課程を修了して認定を受けた医師がなることができます。

飲む温泉水とは

温泉の効能は世界でも医学的に認められていますが、日本の法律では薬のように特定の症状に効くとは断言できないのが現状です。

しかし、温泉水を飲むことが、特有のミネラルの栄養補給に役立つことは明らかなことです。温泉水を活用して効率的にミネラル補給をしていきましょう。

もっとも、濾過されていない温泉を飲む「飲泉」の場合は、温泉を身体に直接とりこむことになります。環境省の温泉利用基準を参考にして、より慎重に行うことが必要です。飲泉場に設置されている掲示に記載された飲用量を必ず確認してください。

お勧めの温泉水 薩摩の奇蹟

「薩摩の奇蹟」は、鹿児島県市比野温泉郷の地下から湧き出た天然温泉水です。生産工程で加熱処理を行っておらず自然な美味しさを保ち、超軟水のまろやかな味わいが特徴です。

源泉温度56.7度の温泉水ですが、無色透明でにおいもありません。厚生労働大臣登録機関の分析センターで、40項目における水質検査を定期的に行い品質管理を行っていますので、安心して飲める飲料水です。お肌にもお腹にも非常に優しい温泉水といえます。

ぜひお試しください。

薩摩の奇蹟の成分について

泉質 アルカリ単純温泉水
知覚的試験 無色透明、無味、無臭
pH 9.18
硬度 0.6mg/ℓ
メタケイ酸 103mg/ℓ
シリカ 74mg/ℓ
酸化還元電位 源泉 -96mv 
商品飲用時 67~128mv
ヨウ素-131 不検出
セシウム-134 不検出
セシウム-137 不検出

ブログに戻る