お水選びの参考に!硬度について知っておきたいこと

お水選びの参考に!硬度について知っておきたいこと

水には硬度があるというのはよく聞く話ではないでしょうか?硬度の基本的な知識を持てば自分の目的にあったお水を選べるようになります。

今回は水の味と深い関わりのある高度についてお伝えします!

お水の硬度とは

水の硬度は有名な話で、どなたも一度は聞いたことがあると思います。

水には硬水や軟水などの種類があるということは、きっと皆さん知っていることでしょう。しかし、硬水とは何か?軟水と硬水はどう違うのか?どちらを飲むのがいいのか?このように尋ねられると、うまく答えられる人は少ないのではないでしょうか。

水の硬度とは、カルシウム及びマグネシウムの含有量を表したものです。カルシウムやマグネシウムの含有量が多いと「硬水」になり、逆に含有量が少ないと「軟水」といわれています。

硬度の基準ってなに?

硬度の基準には様々なものがありますが、有名な基準としては世界保健機構(WHO)の基準があります。硬度の定義は「カルシウム(mg/ℓ)×2.5+マグネシウム(mg/ℓ)×4.1」としており、60mg/ℓ未満は軟水、60~120mg/ℓは中程度の硬水、120~180mg/ℓは硬水と分類されています。


東京都水道局のホームページによると、欧米では石灰質の地域を長い時間をかけて水が通ってくるため硬度が高くなるのに対して、日本のように河川の流れが急で短い地形の場合、硬度は低めになるそうです。水道水の硬度も一般には軟水だといわれています。

硬度で味は変わるのか?

軟水はまろやかでさっぱりした味わいであるのに対して、硬水はシャープな味わいで、中には苦みを感じられる方もいらっしゃるのが特徴です。

日本の地形が軟水を生み出していることと関係するのか、軟水は日本ならでは料理や飲み物と相性がいいです。

たとえば、お茶を淹れるのに軟水を使用すれば、お茶の成分がしっかりと抽出され、うまみと苦味が調和し、お茶本来の風味を味わっていただけます。

また焼酎は軟水で割って楽しんでいただくのがおすすめです。原料である芋や麦には素材本来の甘味や味がありますが、これが軟水のまろやかな味で引き立ちます。

お勧めの超軟水

60mg/ℓ未満であれば軟水に区分されますが、0.6mg/ℓという脅威的なレベルの超軟水の「薩摩の奇蹟」をご紹介させていただきます。

「薩摩の奇蹟」は、鹿児島県市比野温泉郷の地下から湧き出た天然水で、生産工程で加熱処理を行っておらず自然な美味しさを保ち、超軟水のまろやかな味わいが特徴です。

鹿児島で生産されたお茶や焼酎との相性は抜群で、贅沢な味わいをお楽しみいただけます。初回登録による割引キャンペーンもやっておりますので、この機会にぜひお試しください。

ブログに戻る